歯を綺麗にする

歯ブラシを持つ女性医師

歯列矯正とは歯並びや歯の咬み合せを正しくすることです。歯列矯正には子供が行う「小児矯正」と、大人になってから行う「成人矯正」があります。永久歯が生えそろう前の子供のころに歯列矯正を行うことで、顎の骨やバランスを考えながら歯を綺麗にできます。歯並びが悪い事で勉強に集中できなくなったり、運動能力が低下することもあるそうです。不正咬合を早めに治療することで、子供の将来のためにもなります。 また、近年は大人になってから成人矯正をする人が多くなっています。以前よりも矯正装置の種類が増え、選択肢が広くなりました。ブランケットやワイヤーを使用しなくてもできる小さくて透明で目立たない矯正装置や、裏側からできる裏側矯正などもあります。

花嫁が結婚式前にエステサロンで特別なエスティックサービスを受けることをブライダルエステといいます。最近は審美歯科でもブライダルエステをする人が多くなっているそうです。 審美歯科で行うのがブライダルホワイトニングやブライダル矯正です。ブライダルホワイトニングは、結婚式に間にあわせるように歯を白くすることです。また、ブライダル矯正とは、結婚式に合わせて歯列矯正をして歯並びを美しくすることを言います。 ブライダル矯正は挙式前に間に合いそうになかったら挙式中や新婚旅行中は矯正装置を外し、終わったらまた装置をつけて歯列矯正を継続できるようになっています。ブライダル矯正を行うことで笑顔に自信が持てるようになり、最高に幸せな一日を迎えられます。